上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
みなさん、鎌倉幕府の成立は何年ですか?

yoritomo.jpg


「いいくに作ろう鎌倉幕府」なので、1192年と覚えている人が多いと思います。

しかし、近時は1185年説も有力なのだそうです。


Eテレ(NHK教育)の『高校講座 日本史』をたまたま見ました。テーマは「鎌倉幕府」。

「みなさん、1192年と習ったと思いますが、現在では1185年と記述する教科書もあるんです。」
と鎌倉幕府の成立時期についての議論が軽く紹介されました。

1192年は征夷大将軍に源頼朝が征夷大将軍に任官した年であり、これをもって幕府成立とするのが1192年説です。

これに対し、1185年説は、征夷大将軍になる以前から権力機構は成立しており、1185年の文治の勅許により頼朝が諸国への守護・地頭職の設置・任免を許可されたことをもって権力機構が成立したと解しています。

1192年説にたつ教科書もそのあたりに配慮して「1192年に名実ともに、幕府が成立した」と記載していて、それ以前に成立を認める解釈の余地を含意する記述になっています。

番組自体は30分番組であるので、この問題についても「いろんな考えがあるんですね」とさらりと締めくくられていました。


高校生用の教育番組でこのようなスタンスで説明されていることに驚きました。

「昔授業で習ったことが、今では違う風に教えられている」ということはよく聞きます。

でも、それは、単なる新事実や資料の発見による事実誤認が正されているのだと思っていました。

しかし、今回の議論は、主に歴史の解釈上の問題でした。

問題の出発点は、源頼朝が「今日から、政権発足ね!」と宣言したわけではないから、どの時点で武家政権の成立が明確ではなく、解釈に委ねられているということにあるのでしょう。(もちろん、宣言したとしても、そのことのみをもって成立が認められるわけではないでしょうが。)

着々と力を付けていく源頼朝。そのどの時点をもって政権を樹立したと考えるか。

何をもって、武家政権が成立したのか、その判断基準が問題となっているのだと思います。

単に、現在の到達点を知識として伝えるだけでなく、
このような解釈上の争いがあるということを教えること自体が、
非常によい教育番組であると感じました。

大学入試問題も例えば、こんな問題を出題すればいかがでしょうか。




<例>問
鎌倉幕府の成立について、さまざまな見解が対立している。
有力な見解としては、1192年説、1185年説、1180年説等がある。
以下の設問に答えなさい。

設問1 幕府成立の判断基準について、他の見解を踏まえつつ、自己の見解を述べよ。
設問2 設問1で示した自己の見解を前提に、鎌倉幕府がどの時点で成立したと考えるか述べよ。



※なお、歴史の専門教育を受けたことはありません。高校時代も世界史選択で、日本史はやっていないため、知識は皆無です。
スポンサーサイト
2013.06.22 Sat l 歴史 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。